読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人サロン・お家サロン専門女性起業・独立応援団長ayakoのブログ

女性起業・独立の夢を形に。現役一人サロン経営者だからこそ話せる事をたくさん書いていきます

女性起業を始める時に大切なカギは自分の理想の働き方!!

前回のブログではあなたの理想の働き方を考えてみましょうとお伝えしました。

 

いかがですか?イメージは出来ましたか?

 

f:id:ayakosupport:20170417154717j:plain

 

こんにちは!一人サロン・お家サロンで自由な時間とお金を手に入れる女性起業・独立応援団長ayakoです

 

さて、今日は前にお話ししたメリット・デメリットをお伝えしていきたいと思います

 

まずは前回上げた5つのお話をしていきますね

・テナントを持つ

・マンションを店舗用として借りる

・自宅のスペースに施術スペースを作る

・シェアサロンを借りる

・出張型にして店舗は持たない

 

①テナントを持つ

メリット:内装などをとことん変えて、理想の店舗に出来る。看板を大々的に出すことが出来る。通りすがりの来店が見込める。ショッピングセンターなどの中にあるテナントの場合は広告を出してくれたり、宣伝してくれる場合がある。

→お客様からの信頼度が高くなる。集客する方法が多い。

デメリット:費用がとてもかかる(諸経費・内装費・保証金・テナント料など)。ショッピングセンター内などはテナント料に売り上げの何%かプラスする場合がある。

 

②マンションを店舗として借りる

メリット:契約範囲内で内装を変えることが出来る。初期費用がテナントに比べて大幅に下がる。マンションの住人などもお客様として来店してくれる可能性がある。

→初期費用を抑えて、自分のお店として持つことが可能。

デメリット:看板などの規制がある。周りの住人の理解が必要。通りすがりの今すぐ客の来店は難しい。

 

③自宅のスペースに施術スペースを作る

メリット:物件を探す時間がいらない為、早くオープンさせることが可能。物件にかかる初期費用が掛からない。通勤するための時間や交通費がかからない。

→初期費用・維持費がかなり抑えられる。通勤時間がかからない分、使える時間が増える。

デメリット:店舗利用していいか不動産に確認が必要(申請を出していない人も多いが、ばれた時に追い出される、または営業出来なくなる可能性あり)。プライベートと仕事の区別がつきにくい。家族と一緒に住んでる場合は、理解・協力が必要。

 

④シェアサロンを借りる

メリット:初期費用・維持費が抑えられる。ベッドなどがあるところも多いので、今すぐにでも始めることが可能。何か所か登録しておくことで、お客様に合わせて店舗の場所を変えることが出来る。

→とにかく今すぐに始めたい。費用をかけたくない人向け。

デメリット:シェアサロンの空き状況によって予約時間が自由に取れない場合がある。内装を好きなように変えられない。必要なものをいつも持ち歩かなくてはいけない。

 

⑤出張型にして店舗は持たない

メリット:初期費用・維持費が抑えられる。ベッドなども必要ないので、今すぐにでも始めることが可能。

→とにかく今すぐに始めたい。費用をかけたくない人向け

デメリット:知らない人を家に入れたくないという抵抗感がある方が多い。移動時間に時間を取られる。施術環境が限られてくる。集客方法が限られる。 

 

 

簡単にそれぞれの特徴を書いてみましたが、あなたはどのように仕事をしたいですか?

 

「独立するなら自分の城を持ちたい!!」っていう方もいれば、「最初は出来るだけ費用を抑えたい」と思う方も多いと思います。

 

また、女性起業を一人でおこなう場合、「変な人が来たらどうしよう」「色んな人に住所を教えたくない」って方や、「子供が学校に行っている間だけ働きたい」なんて方もいますよね。

 

 

女性起業の重要な点は、自分がその仕事を始めるにあたり、どのような生活を送りたいかが重要なカギになると思います。

 

ここはしっかりと考えてくださいね。

 

 

ayako